高卒認定試験

高卒認定を取ると何が違う?

高卒認定試験は、通称「高卒認定」「高認」などと呼ばれ、平成17年から大検に変わって実施されるようになった試験です。

高校に進学しなかった中卒の人や高校中退で大学入学資格の得られない人だけではなく、高校卒業資格のない満16歳以上の人なら誰でも受験可能なところが特徴です。

高卒認定試験の最大のメリットは、合格すれば、高校卒業者と同じ扱いを受けられる点にあります。

つまり、就職の際には、高卒者と同程度の学力を認められますし、大学・短大・専門学校や国家試験などの受験が可能となるのです。

「勉強をやり直したい」「大学に行きたい」「より有利な条件で就職したい」といった場合に有効な手段ですので、ぜひ活用してみましょう。

受験の難易度はあまり高くないと言われていますが、一定レベルの学力は必要ですし、科目数が多いことに加え、科目ごとに出題傾向の違いもあります。

効率よく試験に合格していくためには、独学よりも通信・通学講座を利用して情報を得ながら対策していくことをお勧めします。

合格のために

高卒認定試験の科目数は8から9科目、そのうち必須科目は国語、数学、英語で、それ以外の科目は受験の際に選択することができます。

ここでスムーズな合格のために重要になってくるのが、各科目の出題傾向の把握です。

高卒認定試験は一度合格してしまえば資格が無くなることはありませんし、一度に1科目ずつの受験でも可能なので、選択の際に自分の好みの科目を選んだり、自分のペースで受験していくことができます。

しかし、やはり効率よく合格していくことが望ましいので、まずはざっと出題傾向を把握し、勉強法の確認と自分にあった選択科目を選ぶ際の目安にしましょう。
具体的には、過去問集などから、問題を確認してみましょう。

高卒認定試験は、チャレンジしようとする人に対し開かれている試験だと言えますので、しっかりと合格を勝ち取るためにも、まずは情報収集を行うことが大切です。

当サイトでは、高卒認定試験の基礎知識や合格率・勉強の方法などを紹介しています。当サイトが、皆様のお役に立てましたら幸いです。

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。